ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックスにハマる | 本能のままに生きる女16

両手で頭を掴んでもう少し奥へと押し込む

 

秋菜が苦しそうにギュッと目を閉じるまで

 

「んっ…んん…」

 

そこから引いては押し入れる

 

ペニスが口いっぱいになる度に苦しそうな声が漏れた

 

こうしてフェラしてると喉奥を存分に突きたい衝動に駆られる

 

そんな気分になった時にはもうギンギン

 

口からペニスを引き抜いて秋菜をうつ伏せにさせた

 

「お尻上げて…」

 

四つん這いにさせて後ろから眺めると、お尻の穴から割れ目まで丸見えだ

 

そこは愛液で白く濁っていて、太ももには透明の垂れた跡が残ってる

 

指を突っ込んで掻き回そうかと思ったが、いきなりペニスを挿れた方が効く気がした

 

突き出たお尻を上から眺めながらペニスの先を割れ目に当てがう

 

数回前後に動かして亀頭まで沈めてから一気に根元まで突き刺した

 

ズブブブッ!

 

「あっ!ああぁああああ!」

 

凄まじく叫ぶ秋菜

 

もう慣れたつもりだったが、やっぱりこの音量はシャレにならない

 

「もう少し声下げて…」

 

「はぁはぁ、ぅん、はぁあ…」

 

無理だろうとは思いつつ頼まずにはいられなかった

 

 

頼むぞと思いながらゆっくり引いてズンと突き挿す

 

「あんっ!あかん!無理?!ああぁぁああ!」

 

言ったそばから大絶叫

 

やはり声を制御するのは不可能らしい

 

とりあえず声はあきらめて突き続ける

 

ズプ、ズプ、ジュプ、ニュプ、ジュブ…

 

いやらしい音を鳴らしながらお尻の割れ目にペニスが挿さる様がエロい

 

「あぁ!ああ!そこ?!奥に当たってる!ああぁあ!イク!イグ!イグぅ?!」

 

あっという間に膣壁がヒクヒクと痙攣してペニスを締めつけた

 

さらにギッチリ根元までハメて奥を刺激してあげる

 

「ああぁ!いい!はぁん…あぁ…はぁ…」

 

ビクン、ビクン、とお尻が揺れる

 

秋菜は腕に力が入らないのか上半身をベッタリと突っ伏した

 

俺から見ると背中がきつく湾曲して、ウエストからヒップへといやらしい曲線が浮かんだ