ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックスにハマる | 本能のままに生きる女9

今度は手も使ってのフェラ

 

チュパ、チュパ、ジュプ、ジュパ…

 

頭も手も上下運動か激しい

 

出そうと思えば出せる強さだ

 

「あぁ…出そうなんやけど…」

 

少しお世辞を言ってみる

 

「チュパ、ジュポ…だふ?…チュプ…」

 

「出してええの?」

 

「チュパ…んん…ジュル…」

 

どうやら口内射精もOKらしい

 

どうしよう?でも出すならさっきの立ちフェラで出したかったな

 

すると秋菜はペニスから口を離し、唾液でテカった口でこう言った

 

「そのかわり後でデカチン入れてや?」

 

まさに欲望剥き出しのセリフ

 

ここまで求められたら貴重な一発目を口に出すわけにはいかない

 

「じゃあ入れよ…」

 

「出さへんの?」

 

「入れたいやろ?」

 

「ぅん、デカチン入るかな…」

 

余裕で入るから!

 

俺は起き上がるとゴムを手に取り装着した

 

 

秋菜を寝かせて脚の間に割って入ると、パックリと口を開けた割れ目に先端を擦りつけた

 

「あっ…ぅう…はぁ…」

 

秋菜の腰がイジイジと動いてる

 

この濡れ具合と緩さなら、いきなり根元まで突き挿しても痛がらずにズッポリ入るに違いない

 

この出来そうで出来ない行為をやってみよう

 

先端を膣の中に沈めてく

 

ヒダが変形してあっさり亀頭部分を飲み込んだ

 

その隙間から愛液が押し出されて溢れてる

 

「あっ!あっ!あぁあ?」

 

ヌルヌルでほとんど抵抗感がないのに秋菜の反応は大きい

 

中も敏感なのか

 

この状態のまま秋菜に覆いかぶさってキス

 

先端を出し入れしながら突き挿すタイミングを測る

 

チュッ…チュパ…レロ…ジュパ…

 

口内に舌を入れ、それに秋菜が絡み返して来たところで一気に根元までペニスを押し込んだ

 

ズブブブ!!

 

その時である…

 

「あああああ!ああああああ!いやあああ!」

 

えっ!?

 

あまりの絶叫にビックリ

 

ヤバい!痛かったか!?

 

俺は思わず固まって秋菜の様子を伺った