ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックス登録 | はじめての時期9

「はぁ…ん?…いやぁ…」

 

パンツの上からでも濡れてるのがわかる

 

しばらく性器の回りをゆっくり撫で回した後、いきなりパンツの中に指を滑り込ませた

 

「あん!いやぁ!」

 

もうグチョグチョ

 

指がヌルヌル滑る

 

そのまま割れ目をかき分けクリトリスに触れた瞬間からビックリするくらい大きな声が車内に響いた

 

「あは?ん!いや?ん!はにゅううう!」

 

えっ??何この古いポルノ映画みたいな反応は!?

 

正直引いた

 

経験豊富な女なら間違いなく芝居である

 

でも佳奈は処女…なはず

 

個性というか何というか、この状況は彼女にとって刺激が強過ぎなんだと思い込む

 

それから佳奈がイクまで時間はかからなかった

 

「あっ!イク!あ?!はにゅううう!」

 

この「はにゅう」てのやめてくれんかな…

 

でも言えない

 

佳奈はビクビクと身体を震わせるとグッタリして果てた

 

「気持ち良かった?」

 

「…うん…ギュッてしてぇ」

 

甘える佳奈を強く抱きしめる

 

股間がキツい

 

この日の為に一週間オナ禁してた俺はもう限界だった

 

キスをしながらチャックを下ろすと、ギンギンに勃起したペニスを取り出した

 

佳奈の小さな手をギンギンに勃起したそれに導く

 

「我慢出来ひん…触って…」

 

少し冷たい感触が伝わりさらに硬くなった

 

佳奈は手を上下させながら起き上がると、ゆっくりペニスを口に含む

 

あったかい口の中が気持ちいい

 

レロ…チュパ…チュパ…

 

何度も上下しながら唇が絡みつく

 

ぎこちないフェラ

 

時々歯が当たって痛い

 

それでも精一杯しゃぶりながら舌を絡めてくれる