ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックスにハマる | 本能のままに生きる女8

唇を押し拡げてペニスが秋菜の喉めがけて入ってく

 

「んぐっ…ぁが…」

 

亀頭が隠れたところで苦しそうな表情をしたので思わず止めた

 

やはり初対面の女にフェラされるって非日常で興奮する

 

風俗みたいに金を払い、商売でして貰ってる訳じゃない

 

とても不思議で卑猥な結びつきだ

 

秋菜はモゴモゴしながらカリ首のさらに先まで咥え込んだ

 

中で舌が絡みついてるのがわかる

 

徐々に顎も大きさに慣れたのだろう、ゆっくりと頭を前後に動かし始めた

 

チュパ…チュパ…ジュル…

 

カリ首が口から出たり入ったりする度に唾液でテカり始める

 

ジュパ…ジュル…ジュパ…

 

厚い唇をギュッと締めて手を使わないままのフェラ

 

上から見下ろしてると、あれだけ振り回された女を服従させた気分だ

 

 

出し入れする度に秋菜は強く吸いつく

 

それに血流が引っ張られる様に先端が敏感になってきた

 

「はぁ…あ…んっ…」

 

もっと奥まで突っ込みたい

 

俺は秋菜の頭を掴み、もう数センチ奥までペニスを押し入れる

 

「んんっ…ん?…」

 

苦しそうに目を瞑る秋菜

 

これが限界か

 

激しく突きたい衝動を抑え、その範囲で腰を前後に動かす

 

ジュポ…ジュポ…ジュパ…ジュルッ…

 

あ?このまま射精して驚いた顔を見てみたい

 

秋菜はどんな反応するだろう?

 

従順に受け止めるか、それともキレるか

 

そんな想像も俺を興奮させた

 

でも唇だけの刺激じゃさすがにイケそうにない

 

俺は秋菜の頭から手を放すとベッドに寝転がった

 

もう少し秋菜のフェラを味わってから挿入しよう

 

仰向けに寝転がると秋菜は何も言わなくてもペニスを握って深く咥え込んだ