ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックス評価 | やっぱり抱きたいヤリマン美女15

俺はその手に導かれるまま、ただ腰を落とせばいい

 

ニュプ…プププ…

 

ゆっくりとペニスがめり込んでいく

 

鬼頭まで埋めるとカリを引っかける様に何度も出し入れ

 

グチュ…クチャ…チュプ…

 

ペニスの先が熱くなり、このままでもイッてしまいそうだ

 

少しずつ膣が拡がって来たところで奥へ奥へと挿し入れる

 

「はぁ…あっ…おっきい…」

 

進めば進むほど膣がペニスを締めつける

 

何度も出し入れしながらギッチリ根元まで入った

 

そのまましばらく止まって馴染ませる

 

「あぁ…奥に当たってる…」

 

久美は淫らな顔で俺を見る

 

その表情がとてもいやらしい

 

俺はその唇に吸いつくと激しく腰を動かした

 

「あっ…あん…あっ、あぁあ!」

 

シーツを掴みながら身を捩らせる久美

 

愛液が溢れてジュプジュプといやらしい音が鳴る

 

「あぁあ!ああ!すごい!はぁああ!」

 

これはイケる!

 

そう確信してさらに突き続けた

 

「あんっ!あん!ぃや、あぁぁあ!」

 

でもそこから突き抜けない

 

なぜなのか?

 

早すぎるのか、遅すぎるのか、深すぎるのか、浅すぎるのか、それとも単調なのか…

 

腰を振りながら頭の中は大混乱だ

 

今思えばイカせようという意識が強すぎたのもあるのだろう

 

一人しか挿入経験ないくせに、なぜかセックスに関して自信過剰

 

いわゆる空回りである

 

女性のカラダの奥深さや多様性を知ると同時に自分の未熟さを思い知らされた

 

激しく交わってる間はそんな事を考える余裕もない

 

壁にぶち当たる度に体位を変えては久美を突き続けた