ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックス評価 | やっぱり抱きたいヤリマン美女14

クリトリスが硬く膨らみ始め、舌の動きに久美が悶える

 

「…あっ、あっ…あんっ…」

 

乳首に吸いつきながらアソコに手を伸ばせば、ゲームに夢中になってたとは思えないほどグチョグチョだ

 

今日こそはイカせたい

 

俺は胸から離れて脚の間に頭を入れた

 

性器の回りを舐めながら指を割れ目に沈めてく

 

指二本を根元までズップリと

 

ジュプジュプとゆっくり出し入れさせながらクリトリスにキス

 

「あっ!あっ!ああん!あはっ…」

 

同時攻めになってから反応が激しく、喘ぎ声も大きくなった

 

これはイケるかも

 

このまま絶頂に連れてくまで攻め続けよう

 

指で膣の上側を擦りながらクリトリスを舌で刺激

 

喘ぐ久美は柔らかい太ももを閉じて俺の頬をギュッと挟んだ

 

「あぁ!あぁぁあ!いい!んんん!」

 

それでも達しないので両脚を抱える様に固定

 

膣に舌を潜らせながら鼻先でクリトリスをこねくり回すというやった事ない技も披露した

 

「いやぁ!あっ!あん!ああああ!」

 

鼻から顎まで久美の愛液でビチョビチョ

 

そんなのお構いなしに性器をグチョグチョにかき回してやる

 

 

 

でもイカない…

 

 

 

激しく反応すれど、やはり最後の壁が越えられない

 

普段こんなに舌を動かさないのでアゴが痺れてきた

 

「もう無理?…」

 

ここでギブアップ

 

久美の股間から離れて仰向けに倒れこんだ

 

「あ?またイカせられんかった?ごめんな」

 

「ううん、めちゃくちゃ気持ちよかったよ♪イクかと思った」

 

「ほんまに?」

 

「ほんまやって♪疲れた?」

 

そう言いながらティッシュで顔の汗を拭いてくれる久美

 

やっぱりええ子やなぁ…

 

少し救われた気持ちになる

 

目を閉じて顎の感覚が戻るのを待っていると股間を弄られる感触が伝わってきた

 

久美の指がペニスに絡みつき、ゆっくりと上下させている

 

「ねぇ…入れて…」

 

そのセリフと表情のエロさにペニスが一気にそそり立つ

 

「うん!」

 

久美は握ったまま仰向けに寝て脚を開くと、ペニスの先を赤く熟れた割れ目にめり込ませた