ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックス評価 | やっぱり抱きたいヤリマン美女6

移動中にあれこれ考えた結果、神戸まで行って何もなければ只のアホだという結論に至る

 

暇な時に呼ばれるだけの男にだけはならないと固く心に誓った

 

やがて三ノ宮に到着し、改札で久美と合流

 

「面接終わったん?」

 

「うん終わったよ♪来てくれてありがと」

 

「かまへんよ、どうせ暇やったし」

 

いい人を演じるエロ猿

 

「今日はもう帰るだけやったん?」

 

後で彼に会うとすれば完全に時間潰しなので確認する

 

「うん帰るだけやってんけど、神戸まで来たのにもったいない気がしてショウ呼んでみてん♪」

 

まずは第一関門突破

 

だが、まだどちらとでも受け取れる台詞だ

 

「じゃあどうする?」

 

ラブホ行きてえとは言えない

 

「カラオケ行きたかってんけどいい?」

 

「えっ?カラオケ?ええよ、行こか…」

 

神戸関係ないやん…

 

でもまずは密室でイチャイチャするのもいいか

 

駅を出て近くのジャンカラに向って歩き始める

 

今日は手を繋いでくる気配なし…

 

さっきから常に期待の少し下を行っている気がして、だんだん嫌な予感がしてきた

 

受付を済ませて入室すると、やたらと広い部屋だった

 

狭い方が何かとやり易いのに…

 

とりあえず健康的に歌い始める

 

お互いに「上手いね?♪」などと褒め合いながらいい雰囲気

 

部屋を暗くしてたのもあり、抱きつきたくてムラムラしてきた

 

ところがである

 

30分ほど経った頃からおかしな空気が流れ始めた

 

最初の異常は久美が携帯をチェックし始めたこと

 

初めは気にならない程度だったのが、やがて俺が唄ってる間ずっと携帯を見てる状態に

 

またかよ…

 

伊丹の再現である

 

「なんかあったん?」「彼から?」と何度か聞いてみたが「ううん、大丈夫」と流される

 

俺の前で一切携帯を見るなとは言わないが限度があるだろ

 

入室して一時間経過した頃には歌いもせずにずっと携帯を見て、電話のためか頻繁に部屋を出て行く始末

 

明らかに顔色が変わってる

 

何か問題が起こったのは分かるが、ここまで無視されるとさすがにムカついてきた