ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックス評価 | 健気な女13

腕まくらしてた腕を引き抜く

 

寝返りうって佳奈に背中を向けても効果なし

 

佳奈の足側に頭を向けても意味なし

 

テレビの音で中和させようとしたら余計にうるさい

 

こんなに眠いのに寝れない地獄

 

最後は寝るの諦めてどん兵衛を食べる始末

 

うどんをすすりながら恨めしそうに佳奈を見つめる

 

布団を蹴飛ばして大の字になり、大きく開いた口から唸るようなイビキを炸裂させていた

 

好きな女なら幻滅である

 

起こして一言物申したいが、そうすれば佳奈は気にして朝まで寝ないだろう

 

「はぁ…我慢しよか…」

 

俺はベッドから離れると、つまらない深夜テレビをボーッと眺めてた

 

その後もイビキが止まる気配はない

 

気がつけばカーテンの隙間が白くなり始めてる

 

「夜明けやん…何してんねや…」

 

哀しい気持ちで床に転がった辺りから記憶がない

 

再び目が覚めると1時間程しか経ってなくてガッカリした

 

床で寝ると体が痛い

 

ティッシュを丸めて耳に詰め込み、再びベッドで寝ようとしたがほとんど寝れず

 

結局2時間ウトウト出来たかどうか

 

午前9時過ぎに佳奈が目を覚ました時、俺の機嫌がすこぶる悪かったのは言うまでもない

 

「おはよ♪」

 

屈託のない笑顔で朝の挨拶

 

そんな顔を見るとイビキの事は言えなかった

 

「おはよ…あんま寝れんかったわ…」

 

もう一泊あったら間違いなく言っただろうが佳奈は今夜帰る

 

イビキの件は伏せて、このまま楽しい思い出だけを残してあげる事にした

 

 

 

 

ホテルを出ると太陽の陽射しがこれでもかと照りつけた

 

「これは保たへん…」

 

昨日以上の暑さに不安を感じながら道頓堀へと向かった

 

佳奈は「づぼらや」「くいだおれ人形」「カニ道楽」など、大阪ぽいキーホルダーをお買い上げ

 

そしてランチはオムライス発祥の店「北極星」本店でいただいた

 

お腹を満たした後はミナミを離れる

 

佳奈が乗りたがっていた観覧車の為だけに天保山へと向かった