ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックス評価 | 健気な女11

 

だが息を止めるのも1分が限界で、その後は拷問みたいなもんだった

 

臭いものを舐めるってとても厳しい

 

出来る事はクリトリスを舌先で転がすぐらいだ

 

えずいても根性で耐える俺に気づかず佳奈は喘ぎ悶えてる

 

何度も腰を浮かせては果てた

 

「もうええやろ…」

 

冗談抜きでほんとに吐きそうだ

 

この日から俺はクンニ恐怖症となり、大好きな相手かリクエストされないとしなくなる

 

ふと時計を見ると部屋に入ってから1時間経ってた

 

「何回イッた?」

 

心の中でもういいよねと問いかける

 

「数えられないくらい♪」

 

俺はその言葉を「ごちそうさま」と受け取り倒れこむ

 

しんどい…寝たい…

 

すると佳奈は起きあがって俺の股間に手を伸ばす

 

やっぱするのか…

 

勃起するか不安だったが、とりあえず佳奈に体を預けた

 

ペニスに絡みつく指と舌

 

その感覚は上半身までに消えかかり、脳に伝わるのはほんの僅か

 

イケる気が全くしない

 

一生懸命に頭を上下させてペニスをしゃぶる佳奈

 

それに応えて何とか射精しようと集中するがパワーがなさ過ぎる

 

射精には脚の踏ん張りと頭の覚醒が必要で、噂によると100mを全力疾走するのと同じくらい消耗するとか

 

腹上死が起こる訳だ

 

時間がかかると余計に消耗するので短期決戦を狙う

 

上半身を起こして佳奈が咥えてる様子を目に焼き付けた

 

男にとって視覚的刺激は射精の近道、スイッチさえ入れば何とかなるだろう

 

唾液まみれでペニスをしゃぶる佳奈

 

改めて見るとやはりエロスである

 

しばらくして何とかスイッチが入った

 

ペニスから湧き上がる快感が脳に伝わり、その脳から射精指令が背骨を駆けおりる

 

「……イキそう…出すで?いい?」

 

佳奈は黙ってうなずき動きを早めた

 

「あ??イク!うっ…」

 

ドピュッ!ドクッ!ビュッ…ピュ…

 

精巣から湧き上がる熱いものが口の中へと放出されていく

 

最後の一滴まで吸い取ろうとする佳奈

 

口内射精はやはり罪悪感を感じる

 

「あ?はよ出し!」

 

慌ててティッシュを渡そうとするが、佳奈は首を振って全部飲み込んだ

 

「無理せんでいいねんで?マズイやろに…」

 

「ううん、好きな人のは飲みたいの♪」

 

今やこういう一言一言が痛い

 

だがそんな感傷に浸ったのは一瞬で、あっという間に睡魔が襲ってきた