ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックス登録 | はじめての時期5

その日以来、佳奈の想いはグングン上昇

 

チャットする前に掲示板で待ち合わせするのだが、佳奈の書き込みは恥ずかしくなるほどラブラブだった

 

「ショウここだよぉ?!早く来てねぇぇえ(≧∇≦)」

 

不快に思った誰かに荒らされるんじゃないかと不安になる

 

でも佳奈との会話は楽しかったし、受け答えが噛み合う感じが気持ちいい

 

不思議なもので、そうやって何日も話してると俺の中のストライクゾーンが拡がり、佳奈の容姿も受けとめられる様になってきた

 

あくまでもネット恋愛という条件は付くが二人は恋人同士だった

 

 

それから何ヶ月か経った頃、いつか来るんじゃないかと恐れていたセリフが飛び出した

 

「春休みに友達と京都に行く事になったからその時に会って(o^^o)」

 

一瞬パニック

 

さすがに会うのはマズい

 

まだまだ青い俺には本当に浮気する度胸なんてなかった

 

でも彼氏ならここは素直に喜ぶ場面

 

そうなれない俺はひとまず牽制してみた

 

「えっ!友達と来てるのに抜けたら悪いやん?」

 

ほんのりダメだと匂わせる

 

「ううん、大丈夫!友達も応援してくれてるし、そのために京都にした様なもんやから」

 

全く気づかず打つ手なし

 

回りも固めて会う気満々だ

 

「あはは(笑)そうなん?ほんまに会えるんや!なんかドキドキして来た〜(*^o^*)」

 

んなわけない

 

逆の意味でドキドキだ

 

とうとう来てしまった

 

会えばもう後戻り出来ずに現実の遠距離恋愛になってしまう

 

いや二股成立だ

 

俺にそんなことが出来るのか?

 

未知の世界に踏み込もうとしている

 

この日から京都旅行当日まで、不安に押しつぶされそうになりながら彼女とのチャットを続けた