ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックス会員 | ヤリマン美女2

「じゃあ眠気が飛ぶよなエッチな話しよ(笑)」

 

嫌がられたら終わりにするつもり

 

「え?どんな??」

 

あれ?乗ってくる…

 

「久美の凄い体験談を聞かせて(笑)」

 

「そんな大した話ないもん」

 

「またまた?外でした事とかある?」

 

「あっ、ある(笑)」

 

すると久美は恥ずかしがる様子もなくエッチな体験を話し始めた

 

彼女かなり男性経験豊富でその数50人以上

 

昼間から河川敷でカーセックスしてて野球少年に見られた話

 

チャットで知り合った童貞君が家の前まで来てしまい、仕方なく部屋に入れて卒業させてあげた話などなど

 

そんな話を生で聞かされたら下半身は反応しまくり

 

今すぐ射精したい衝動に駆られた

 

オナってもいいがちょっと待て

 

断られるの覚悟で久美を誘ってみようか

 

さっき知り合ったばかりだし、もう夜明けだし、絶対あり得ないと思うが賭けてみる価値はある

 

俺はダメ元で問いかけた

 

「今から浮気せえへん?」

 

聞いておきながら寝る準備を始める

 

まさかOKすると思ってないし、時間をかけて説得する気もない

 

断られるのは大前提だった

 

すると久美は…

 

「うんいいよ♪あたしでいいなら」

 

「ええええええ!マジで?」

 

まるで「お掃除手伝って♪」と頼まれた時の返事

 

「浮気やで?ほんまにええの??」

 

思わず聞き直す

 

「いいけどショウはわたしでいいの?」

 

「なんで?いいよ!そんなん言うたら俺でもいいん?写真ないけど…」

 

当時持ってた携帯にはカメラが付いてなかった

 

「わたしはいいよ♪話してて変じゃないの分かってるから(*^^*)」

 

エロの女神がいた!

 

こんな展開AVでしかないと思ってた

 

一気に目が覚めた俺はやる気満々

 

「ありがとー!久美も会って嫌やったら断っていいから♪久美はどんな感じ?俺はかなり太ってなければ大丈夫(笑)」

 

「じゃあ私の写真送るからそれ見て決めて♪もし嫌やったらそのまま落ちていいから」

 

どこかで聞いたような台詞…

 

「そんな事せえへんて(笑)じゃあ見せて♪」

 

しばらくして彼女から写真が添付されたメールが届いた

 

2人目の顔画像ダウンロード

 

俺は深く深呼吸した後、恐る恐る写真を開いた