ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックス最強 | Eカップ巨乳にいきなり中出し14

突き飛ばされる覚悟で挑んだキス

 

春菜に嫌がる気配はない

 

受け入れられた安堵と興奮に包まれて重ねる唇が深くなる

 

んっ…ん…ちゅっ…ちゅば…

 

上唇と下唇を交互にハミする

 

潤った唇が心地いい

 

もう明るいとこで見たら完全に勃起してるのが分かるぐらいギンギンだ

 

たまらず右手を太ももに這わせてスカートの中にソッと侵入

 

春菜は落ち着いていて余裕さえ感じた

 

もしかして待ってた?

 

下ネタ嫌いだったメールとは別人みたい

 

ギャップは魅力

 

唇から離れて首筋に吸いつき、右手は脚のつけ根を撫で回した

 

すると春菜は声のトーンを上げてこう言った

 

「ぁん、どうしたの〜?したかったの〜?」

 

えっ!?

 

まるで熟女みたいなネチっこくて芝居じみた喋り方

 

タイプは違うが秋菜を思い出した

 

またアハ〜ン、ウフ〜ン言うんやないやろな…

 

あれは猛烈に冷めるのでやめて欲しい

 

でもここで雰囲気を壊す訳にもいかず、気にしないふりしてノッてあげた

 

「チュッ…ぅん…ずっとしたかったぁ…」

 

自分で言いながら気持ち悪くて背筋が寒くなる

 

とにかく春菜もその気だ

 

助手席のレバーに手を伸ばしてシートを目いっぱい倒す

 

トロンとした目で微笑む春菜

 

俺は完全に助手席へ移動して春菜に覆い被さった

 

 

狭い助手席で蠢きながら春菜の太ももにヒザを割り入れる

 

なんとかポジションを確保して顔を上げると、飛び込んで来たのは深い胸の谷間だった

 

大きさでは幸子の方が全然大きいがあれは脂肪の塊でしかない

 

ブラ補正があるとはいえ仰向けでこんな深い谷間を見るのは初めてだ

 

たまらず触れてみる…

 

ん…?

 

それはイメージとかけ離れたガチガチのブラの感触だった

 

いくら巨乳とはいえ、こんな頑丈なブラが必要なのか?

 

期待が大きかった分、軽くカルチャーショック

 

仕方なくその上から揉んでみる

 

ん〜〜…

 

固いドッジボールを触ってるみたいで全然嬉しくない

 

仕方なく手で触るのは後にして、ブラからはみ出た胸元の膨らみに顔を埋めた

 

あ?凄い…

 

柔らいのはもちろん、この大きさでこの弾力

 

感動さえ覚えながらその膨らみにキスをした

 

「ぁん、だめぇ〜」

 

時折聞こえるクドい台詞も今なら許せる

 

あ〜脱がせたい!

 

頭の中はおっぱいでいっぱいだ