ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックスの巨乳巨尻 | イキたいマグロちゃん20

めっちゃ揺れる

 

バインバイン揺れる

 

肉の塊が踊り狂ってるように

 

重い脚をM字に持ち上げてもっと突く

 

こんな太いM字は今後見る事はないだろう

 

ピンクの割れ目にペニスが沈む

 

そこでもうひと押しするたび乳房が揺れる

 

その様子をしばらく眺めて楽しんだ

 

「ぁ…ぁん…あっ…あぁ…んんっ…」

 

相変わらずの薄い反応だけど気にしない

 

射精する寸前まで自分を昂めることに集中した

 

ジュブ!ジュブ!ニュプ!ニュポ!ジュププ…

 

そろそろいいか…

 

突きから最後の一押しが腰にきてる

 

これ以上やると疲労で萎えそうだ

 

脚から手を放して幸子の身体にのしかかる

 

レロレロと舌を絡めながら腰は激しく動いた

 

「あん!あん!んんっ!あんっ!うぅっ!」

 

やがて射精のスイッチが入ってペニスが熱くなる

 

このまま出したい衝動を抑えて動きを緩めた

 

「もうイキそう…自分で出してみる?」

 

「えっ…」

 

理解出来ずに戸惑う幸子

 

「手でシゴいて精子出るとこ見て…」

 

「…ぅん……」

 

恥ずかしそうな、それでいて好奇心に満ちた様な目をして幸子は頷いた

 

 

ニュポ…

 

ペニスを抜いてゴムを外し、幸子のお腹にそっと跨った

 

射精寸前で止めたペニスが血管を浮かべながらオッパイの谷間にそそり立つ

 

幸子はピクピクと脈打つソレを右手で握った

 

「動かして…多分すぐイクから…」

 

幸子は頷いてゆっくりシゴき出す

 

今までも彼女に手コキして貰った事はあるが、それは生理とかで仕方なくだった

 

今回はシチュエーションが全く違う

 

射精を見たいと望んでる子にマジマジと見られながら出さされるのだ

 

ゾクゾクするような興奮が湧いてくる

 

シコシコシコシコシコシコシコ…

 

自然と俺の腰は動いて陰嚢を幸子のお腹に擦り付けた

 

その刺激でさらにペニスが硬くなる

 

幸子もそれを感じたのか右手に左手も添えてシゴくスピードを上げた

 

「あぁ…イキそう…」

 

不規則なリズムに戸惑いながらもスイッチが入った

 

亀頭の先端からガマン汁が溢れ出す

 

それをジッと見つめながら幸子は頷いた

 

「あ?出るで…んんんん?イクっ!」

 

ビュルッ!ビュッ!ピュッ!ピュ!

 

「キャ!」

 

あまりの勢いに幸子が顔を背けた

 

精子が幸子の頬まで飛び散ってる

 

「まだ出る…」

 

思わず手を止めた幸子は慌てて両手を動かした

 

ドク…

 

最後のひと出しが尿道から流れ出し、幸子の手にドロッと垂れた