ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックスの巨乳巨尻 | イキたいマグロちゃん19

さすがに根元までとはいかないが、なるべく深く挿し込んでいく

 

「…ん…んっ…」

 

幸子の苦しそうな声で限界を悟り、そこからカリが見えるまでゆっくり引いた

 

これを数回繰り返す

 

意外に舌を動かしてくれて裏筋に適度な刺激が伝わる

 

厚い唇が強く締まり、擦れる度に硬さが増した

 

こうなると喉奥まで突きたくなるのを我慢するのがつらい

 

イラマチオなんて絶対無理

 

あれやれる奴は鬼畜生かと思う

 

ドMな女にやってと言われても躊躇するだろう

 

見る分には興奮するけれども…

 

せめて動きを早めてみる

 

チュポ、チュパ、ジュポ、ジュプ、ジュパ…

 

唾液が溢れてヌルヌルするのが気持ちいい

 

咥えた顔を見ると口元からよだれが一筋垂れていた

 

正直、口内射精フェチな俺

 

特に精液が溢れてペニスと唇の隙間から垂れたりするとたまらない

 

それを連想して興奮、さらに喉奥まで挿し込んでしまった

 

「んっ、んぐっ!」

 

顔をしかめてえづきそうになる幸子

 

「あっ、ごめん!」

 

慌ててペニスを引き抜いた

 

 

この反応を見てさらに興奮する男はドSだろう

 

なんちゃってSの俺にはこれ以上出来ない

 

そのまま体勢を崩して幸子にキスしながら考える

 

さあ、どうしよう…

 

射精する瞬間を幸子に見せなきゃいけない

 

自分で出す?手コキさせる?

 

それはあまりに味気ないし、俺だけ気持ちいいのも悪い気がする

 

ひとまず挿れたがるのも礼儀じゃない?

 

出したいだけじゃない!君の身体が欲しいんだ!みたいな…

 

挿入してある程度高まってから幸子に手コキして貰うのが一番いいだろう

 

「挿れてもいい?」

 

「…ぅん……」

 

起き上がって幸子の脚の間に割って入る

 

ピンクの筋に指を這わせて優しく刺激

 

じわりと滲んだ割れ目を拡げ、硬く膨らんだ亀頭をめり込ませた

 

ズププププ…

 

さっきより膣がキツく感じる

 

ペニスを半分沈めたところでゆっくりピストンを繰り返した

 

徐々に膣が拡がり、馴染んだところで一気に根元まで挿し込んだ

 

「ん……んあっ……」

 

ビクンと反応した幸子は思わず脚を閉じようとして押し出されそうになる

 

グッと踏ん張り耐える俺

 

ひとまず大きな胸に顔を埋めて落ち着けた

 

今回は射精を見せるのが目的

 

それまでは一人よがりに腰を振ろう

 

俺は起き上がると強めにペニスを出し入れさせた

 

ジュプ、ジュポ、ジュル、ジュブブ…

 

その動きに合わせて溢れる巨乳が大きく揺れる

 

紅潮した幸子の顔が色っぽい

 

俺は根元まで突く度にもう一押しして、わざと乳房を縦に揺らした