ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックスの巨乳巨尻 | イキたいマグロちゃん18

 

胸の谷間に勃起したペニスを横たえる

 

それを頭を起こして見つめる幸子と上から俯瞰する俺

 

やっぱり普通の行為じゃない

 

慣れ親しんでない緊張感でさらに興奮する

 

仰向けで潰れ気味のオッパイ

 

それを両手で寄せてペニスを挟むと、思った通り完全に包み隠された

 

ゆっくり前後させてみる

 

柔らかな肉とペニスが擦れて気持ちいい

 

それをジーッと見つめる幸子の表情もいい

 

でも一番いいのは玉袋が擦れる圧力だったりする

 

それが刺激になってペニスの硬さが増す感じ

 

ズズッ…ズズッ…

 

動くたびにオッパイがやらしく変形してる

 

でも気持ちいいかというとそうでもない

 

まずオッパイを抑えながら腰を降り続けるのが厳しい

 

「寄せて…」

 

幸子に自分で胸を寄せさせる

 

俺は幸子の頭の向こうに腕を立てて腰を振るのに集中した

 

ムニュ、ズズッ、ズズッ、ズミュ、ムニュ…

 

激しくピストン運動を繰り返す

 

でも今までのなんちゃってパイズリと同じでやっぱり気持ちいいとは思えない

 

いくら胸で抑えつけても圧倒的に圧力が足りないのだ

 

AVで見るようにローションでも使えば違うのだろうけど、パイズリは見せる為のプレイなんだと思い知る

 

それでも行為自体には興奮してて勃起は収まらなかった

 

かといってこのまま射精するのは無理

 

ここで胸の谷間からペニスを引き抜いた

 

「舐めて…」

 

幸子は言われた通りに小さく口を開けた

 

俺はこの体勢のまま前へ進んで幸子の顔にペニスを突き出す

 

膨らんだ亀頭が厚い唇を押し開き、ゆっくりとめり込んでいった