ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックスの巨乳巨尻 | イキたいマグロちゃん13

幸子を感じさせる最後のチャンス

 

この角度、このリズムを変えずにペニスを前後させ続けた

 

ズブッ…ジュブ…グチュ…ニュル…

 

尻肉を押し潰しながらのピストン運動

 

邪魔だった尻も下腹部全体がフィットしてる様な圧迫感に変わり気持ち良くなってきた

 

これが硬いケツだったらあっという間に押し出されてる

 

幸子の声は途切れない

 

「ん…ぁっ……ぁん…ん………あっ…あっ………んんん……あんっ…あぁあ…」

 

消えかけの灯火に必死で風を送ってるような

 

もっと燃えろ!もっと燃えろ!とお尻の肉を押し上げる

 

「あぁ…あぁっ…あっ…あっ…あんっ…あん…んんん?…ぃやぁ…あぁぁあ…」

 

声が僅かに大きくなり間隔も詰まってきた

 

明らかに感じてる

 

このリズムを続けるか、激しくスパートをかけるか…

 

迷った末に後者を選択

 

正常位に戻してまた沈黙になったら目も当てられない

 

例え幸子が萎えようがこのまま発射だ

 

俺は幸子の尻を両手で鷲づかみにすると激しく突いた

 

ズブッ!!ズブブ!ズブッ!ジュブ!ニュプ!

 

幸子の声が跳ね上がる

 

「あん!あぅっ!あぁ!あああ!ううっ!」

 

さっきまでの無反応な時に比べたら夢のよう

 

もう十分、最後までイッて欲しいと願うのは贅沢だ

 

俺は尻から手を離すと幸子の背中に倒れ込んだ

 

「イッていい?」

 

うなじに吸い付きながら囁く

 

「…ぅん……」

 

微かな声で返事する幸子

 

しばらく密着したまま腰を振って自分を高める

 

やがて射精のスイッチが入ったところで幸子の背中から離れた

 

「イクで…」

 

「ぅん…」

 

俺は腕立て伏せの姿勢で激しく腰を打ちつけた