ピーシーマックス登録はスマホで無料

ピーシーマックスの巨乳巨尻 | イキたいマグロちゃん8

右の乳首に吸いつきながらクリトリスを優しく撫でてやる

 

一定のリズムで円を描くように

 

滑りが悪くなったら愛液をすくい取り、尿道を擦るように持ってくる

 

「んっ…んん…」

 

ほんの少しピクンと身体が揺れた

 

さらに脚を広げさせてクリを弄る

 

「んん…んっ……ん…」

 

染み出す愛液の量が増えてくる

 

ヒダはめくれ、クリもぷっくり勃起してきた

 

しかし幸子の反応は変わらない

 

「……ん……んっ…んん……」

 

ずっとこれだけ

 

数分続けたが、これ以上なにもない

 

「チマチマやってんなよ…」

 

「どこが上手いねん…」

 

なんて思われてそう

 

ハッキリものを言う子より、喋らない子の方が怖い時もある

 

ヤバい…

 

疑心暗鬼になった俺はクリ弄りをやめ、膣の中へと強引に中指を突っ込んだ

 

根元までグリグリと

 

狭い膣内は十分に濡れていて中指を締めつけた

 

ここから激しく攻めてみる

 

指の腹で膣の上壁を擦り、同時に親指の付け根でクリを圧迫

 

クチャクチャと音を鳴らしながら激しく震わせた

 

 

激しいだけではダメと分かっいても焦りで動きを抑えられない

 

力みもあって腕が攣りそう

 

クチュクチュグチュジュプジュプ…

 

ワザと音を鳴らしてみるが、幸子はジッと目をつむったまま寝言のように

 

「ん……ん………んっ………ん……」

 

と呟くだけ

 

普通これだけ性器を弄られたら気持ち良くなくても反応しない?

 

俺でも女性にチンコを触れられたら何かしら表現するのに

 

彼女が不感症なのか、俺がダメなのか

 

いや、年上彼とのエッチは気持ちいいと言ってたっけ

 

単に超恥ずかしがり屋で自己表現が苦手なんだと思いたい

 

それにしてはドッシリしたもんだが

 

どちらにしても必死に前戯してるのにこの静かさは辛すぎる

 

笑わせようとしてスベリ続けてるみたいで耐えられない

 

もう挿れちゃお!そうしよ!そうしよ!

 

俺は逃げるように指を引き抜くと、さっさとゴムを着けて彼女の脚の間に割って入った

 

ぶっとい脚の付け根に綺麗なピンクの割れ目がテカってる

 

「挿れんで…」

 

黙って頷く彼女を見つめながら、ゆっくりペニスを沈めていった

 

少しは感じてくれと祈りながら